みんなのインタビュー注目の記事

ユーキャンでインテリアコーディネーターの資格を取得して就職できました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働きながら勉強して、インテリアコーディネーターの資格を取った女性にインタビューさせていただきました。仕事と勉強の両立、試験にかかる費用、実際の試験の内容等々…試験に臨む上で大切な心構えについても語っていただきました。これから資格を取りたい方の参考に!

建築に関わる仕事がしたくてインテリアコーディネーターを取得

インテリアコーディネーターの資格を取ろうとしたきっかけはなんですか。

建築に関わる仕事がしたかったのですが、その時持ってた資格が宅建しかなかったんです。

建築士を取るには実務経験が必要ですがインテリアコーディネーターなら未経験でもすぐに取れる資格なので、先にそちらを取ることにしました。

仕事をしながらだったので、学校には通わずユーキャンの通信教育で勉強しました。

※補足1:ユーキャンのインテリアコーディネーター講座
ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は女性に人気の講座です。女性ならではのアイディアや気づきを活かせる仕事なので年齢を気にせず仕事をすることができ、結婚出産後の再就職・転職の切り札にもなります。
また部屋の模様替えやリフォームにも役立つので主婦にも人気があります。ユーキャンの魅力は初めてでもムリなく合格が狙えること。1日60分からの学習でいいので通勤通学、家事の合間など隙間時間を利用することができます。
テキストは図解が豊富でわかりやすく、DVDや回答力養成問題集、過去問題など充実しています。指導サポートは試験の直前まで受けられるので安心。また、なんといっても教材・添削・サポート含めた金額が59,000円とお手頃なのも利用しやすいポイントです。
教育給付金制度を利用すればよりお得に受講することができます。ユーキャンは自信があるからこそ教材到着後でも返品OKなので、通信教育に不安な人もチャレンジしやすいでしょう。
>>ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の公式サイトはこちら

仕事との両立は難しくなかったですか。

仕事が終わった後に時間を決めて毎日「今日はこれだけ進む」とスケジュール配分をして、試験の日まで計画的に勉強しました。

でも、遅い時は夜9時頃に終わったりするので、休みの日に集中してやったり、ちょっと疲れて思うようにできなかったときは次の日に割り振ったり、スケジュールを常に調整しながらでしたけどね。

ユーキャンのテキストの内容はテスト範囲に当たる時と当たらない時があるんですけど、初心者でも分かりやすかったので私には合っていました。

ただ、分からないことがあった時「質問シート」で聞く事ができるんですが、すぐ知りたいこともあるのでインターネットで調べたりしてあまり利用しなかった記憶があります。

勉強時間は仕事が終わった後だと2~3時間くらい、休みの日は集中力が続く限りずっと勉強して、気分転換でちょっと外出するくらいでした。

取得までの期間はどれくらいでしたか。

最初に一次試験があって、「インテリア商品と販売」と、「インテリア計画と技術」という2種類の科目を受けるんですけど、1つしか受かりませんでした。

両方受からないと二次試験に進めないので、1年目は一発で合格できなかったんです。

ただ、受かった分は次の年受けなくてもいいので、もう1つの科目を集中的に勉強して2年目は無事合格しました。二次試験は一発で受かったので、取得には2年かかりましたね。

受験料は、一次試験と二次試験同時に受かるものとして申し込むので、今だったら1万4千円です。

ただ、これだと一次試験に受からなかったら二次試験の割り増し分を捨てる事になるので「勉強が足りなくて二次まで無理だな」という人は一次試験だけ1万1千円で申し込む方法もあります。

でも基本みんな一次と二次、両方で申し込むようです。

因みにユーキャンのテキスト代は4万円ぐらいだったんですけど、私が受けた後すぐ1万円くらい値上がりして、さっき見たら更に1万円上がってましたね。

一次試験はマークシート、二次は論文とプレゼン!

試験はどのような形式なんですか。

一次試験が10月にあって、1日で2科目受けます。

お昼ご飯を持ってきて午前と午後で試験を受けるんですけど、100分ずつなので時間はじっくりとあります。

マークシートなので、分からなくてもどこかに印を付けることもできます。

見直す時間が結構あったので、そこで答えをあまり変えない方がいいって言うんですけど変えちゃいましたね。

二次試験は論文とプレゼンテーションです。

図形の描き方が3種類ぐらいあって、私の時は平面と、一番難しい3次元みたいな複雑なやつが出ました。

家族の構成と「こんな部屋に住みたい」という課題が与えられて、それを3Dでパースとって設計するんです。色鉛筆も持って行くので、色付けしてセンスも見られます。

「こういうふうに手すりを付けたい」等、いろんな要望が書いてあるので、それに合わせて手すりを付けるんですけど、その時は全然想定してなかった問題が出たんです。

あきらめずになんとかそれっぽく見せようと思って花瓶やその他わけがわからないものをいっぱい描きましたね。でも、手すりは描かなかったので絶対受からないと思ってたんですけど、なぜか受かりました。

論文はすごい良く書けて自信があったので、多分それでなんとか受かることができたんでしょうね。テーマは「インテリアコーディネーターとしての考え方」みたいな内容でした。

私はリフォーム関係の仕事をしていたので、実体験をまじえて書ける点で論文は有利でした。

反対に仕事に全く就いてないと論文は苦労するのではないでしょうか。

でも、とにかくあきらめずに、自信がなくてもやり切るといいですよ。

就職も決まり、お客様からの信頼度もアップしました!

資格を取得した後、実際の仕事には役立ちましたか。

インテリアコーディネーターの資格はリフォーム関係の仕事やインテリア関係の仕事に活かせる資格なんです。これを取ったおかげで、リフォーム会社の就職がすぐ決まったのですごく役立ちましたね。

名刺にもインテリアコーディネーターって書いてもらえるんですけど、お客さんがそれを見て「インテリアコーディネーターを持ってるんですね」って言ってくれたり、「クロスを一緒に選んでほしい」と言われたりして、信頼度が上がった気がします。

あとは人の家に行った時「こういうインテリアが好きなんだな」と仕事目線で見たりするようになりました。

お店に行っても、自分の視点とはまた違う斬新な色使いや配置の仕方があるので、そういうのを見て勉強するようになりましたね。

この資格でお給料が上がることは少ないかも知れないですけど、資格手当は受験費用みたいな感じでもらえることはあります。

私は取ってから入ったのでなかったんですけど、入った後に資格を取ると5万円もらえてました。

資格を取って日常生活に役立ったことは何かありますか。

色彩の勉強もするので「映える色」を意識するようになりました。

インテリアって今まで、家具でもクッションカバーでも「これいいな」と思ったら買っていたのが、トータルの色のバランスを考えて選ぶようになりましたね。あまり部屋で浮いてしまうものは買わなくなりました。

これはファッションにも役立ちそうですが、私、わりと同じ色にちょっと差し色みたいなのが好きなので、ワンパターンになっちゃうんです。

ファッションはファッション誌を見るのが1番いいですね。

白やグリーンを基調にすれば、差し色で季節のコーディネイトが出来る!

お部屋のコーディネイトのコツって何かありますか。

私が意識してるのは、背が高い家具を部屋に入ってすぐの場所に配置すると、圧迫感を感じるので、奥に行くほどちょっと高さがあるものを持ってくるようにしてます。

あまり背の高いもの、色の濃いものを多く持ってくると部屋が圧迫されて狭く見えるんです。反対に明るめの家具で背の低いものを使うと広く見えるようになります。

ただ、好みもあるしダークな色はダークな色でいい面はありますね。

インテリアスタイルとしては、個人的には白やグリーンをベース色にするのが好きです。

季節によって、赤を差せばクリスマスっぽくなるし、ピンクを持ってくれば春っぽくなるし、差し色で季節が変えられるようなスタイルが好きなんですね。

自分では模様替えをあまり大規模にする余裕はないので、ちょっとクッションカバーを替えたりカーペットを替えたりそんな程度なんです。それだけで雰囲気を変えられる、そこを変えるのにあまり違和感のないような色、合わせやすい色でトータルコーディネートしてますね。

資格取得後何をしたいかも考えて

インテリアコーディネーターの資格取得を目指す方にアドバイスをお願いします。

インテリアコーディネーターの資格には更新があって、5年したら期限が切れるので、講習を受けて登録料を払ってまた更新して行く必要があります。

これからインテリアコーディネーターの取得を目指す方は、「資格を取って何をしたいか」まで考えてからチャレンジしてほしいですね。

論文も製図もあるので、宅建より難しい試験だったんですけど、私はそれを乗り越えてもしたいことがあったから頑張れました。

何の目的もなしに、「資格だけ取ろうかな」っていう気持ちだと、なかなか試験に向かう気力が出なくなります。

「受かってからどうしよう」って、そこから考えるんじゃなくて、「どういう仕事に就いてどういう仕事がしたい」と目標をはっきり持てば資格も早く取れます。

まずは自分が資格を取った後のイメージをふくらませてから試験に臨む事をおすすめします。

インテリアコーディネーター資格お役立ちサイト

※補足2:インテリア産業協会のインテリアコーディネーター試験
インテリアコーディネーターとはインテリア産業協会が認定する資格で、インテリアに関する幅広い知識を持ち、住む人が快適であるために適切なアドバイスが出来るプロフェッショナル資格です。住宅やインテリアメーカー、工務店、販売店、フリーの活躍が期待されます。一次試験と二次試験があり、一次試験は年齢・性別・学歴・職業・経験問わず誰でも受験することができます。また、これまでの一次試験1科目に科目合格し、かつ科目免除期間内の人は「科目免除者用一次試験」としてインテリア商品と販売、インテリア計画と技術が実施されます。二次試験は一次試験の合格者のみが受験対象となり、二次試験の合格をもって資格者登録の申請が可能になります。例年、10月に一次試験、12月に二次試験、2月下旬に資格者登録申請開始し、4月1日から資格有効期間が開始されます。
>>インテリア産業協会のインテリアコーディネーター試験の公式サイトはこちら

※補足3:インテリアコーディネーターなどの資格取得スクールHIPS
HIPSはインテリアコーディネーター資格試験、合格実績No.1を誇るライセンススクールです。住宅関連業界の活性化を一貫してテーマにしている(株)ハウジングエージェンシーが主催。インテリアコーディネーター資格試験が誕生した昭和58年当時、数少ないスクールの一つであり、当時から続く唯一のスクールでもあります。現在では合格者は15,000人を超え、インテリアコーディネーター資格試験合格者の約1/4はHIPS受講生という実績もあります。その理由は、ノウハウが詰まったオリジナルテキストレベルの高さや一流講師陣から授業が受けられること、大きなスクールでは難しい受講サポート体制などがあげられます。就職相談や転職サポートが受けられるのも魅力。教育訓練給付制度を利用できるコースほか、割引制度などお得に利用できる場合もあります。無料セミナー・体験授業も開催されているので、一度授業の様子を見てみるのもお勧めです。
>>インテリアコーディネーターなどの資格取得スクールHIPSの公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

独学でアロマテラピーインストラクターに合格しました!

アロマを扱うならアロマテラピーの資格を。アロマを扱う上で必須ではありませんが、知識や信頼性が得られます。専門学校へ通うと...

飲食店で2年働いて調理師免許試験に合格した方へインタビュー

飲食店での2年間のバイトを経て調理師免許を取ることができた方のお話。飲食店で働きながら取得するのも調理師学校に行くのも、...

運行管理者資格を取得!試験の勉強方法アドバイス

お金をもらって荷物や人を運ぶ陸上輸送の会社には、必ず運行管理者がいなければいけません。運行管理者になるためには資格が必要...

独学で勉強して保育士資格の一発合格者へインタビュー

保育科を出ていなくでも、場合によっては高卒資格があれば保育士の試験を受けられます。仕事は大変ですが、独学で合格でき、求人...

通信講座でチャイルドコーチングの資格を取りました

通信講座というと途中で投げ出してしまう人も多いものですが、半年間頑張って続けて、チャイルドコーチングの資格を取ったという...

資格カテゴリ 最新記事

ID1055

飲食店で2年働いて調理師免許試験に合格した方へインタビュー

飲食店での2年間のバイトを経て調理師免許を取ることができた方のお話。飲食店で働きながら取得するのも調理師学校に行くのも、…
ID426

通信講座でチャイルドコーチングの資格を取りました

通信講座というと途中で投げ出してしまう人も多いものですが、半年間頑張って続けて、チャイルドコーチングの資格を取ったとい…
ID348

独学で勉強して保育士資格の一発合格者へインタビュー

保育科を出ていなくでも、場合によっては高卒資格があれば保育士の試験を受けられます。仕事は大変ですが、独学で合格でき、求…
ID329

独学でアロマテラピーインストラクターに合格しました!

アロマを扱うならアロマテラピーの資格を。アロマを扱う上で必須ではありませんが、知識や信頼性が得られます。専門学校へ通う…
ID397

運行管理者資格を取得!試験の勉強方法アドバイス

お金をもらって荷物や人を運ぶ陸上輸送の会社には、必ず運行管理者がいなければいけません。運行管理者になるためには資格が必…