みんなのインタビュー注目の記事

結婚式費用の節約術について人気節約ブロガーへインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、結婚式ってどのくらいの費用がかかるかご存知ですか? 挙式費用はもちろん、二次会や新婚旅行、新居への引越し費用などをもろもろの出費をあわせると、なんと数百万円ものお金がかかることもあるので大金ですよね。 そんな今回は貯金に関する著書も出版されている節約ブロガー「Sancho(さんちょ)」さんに、結婚式の節約術について伺ってきました。

節約

結婚式にかかる費用はいくら?節約しても大丈夫?

そもそも結婚式ってどのくらいのお金がかかるのでしょうか?

すべて合計すると500万円くらいの費用がかかると言われていますね。

ゼクシィが2017年に調査したデータ」によると、結婚式にかかった費用は平均354.8万円、招待人数は平均70.2人だっただそうです。

ただしこれは挙式、披露宴などの費用のみで、二次会、新婚旅行、結納などの費用は含まれていません。

すべて合わせれば400~500万円くらいのお金がかかるということです。

ご祝儀が3万円×70人と計算しても200万円にしかならないですから、自己負担額でも200~300万円というお金を支払うことになるのです。

結婚式は節約してもいいものでしょうか?

言葉を選ばすに言ってしまうと、ウェディング業界っていうのは壮大な“ぼったくり”ビジネスなんですよ。

そのへんの貸衣装屋でへ行けば数千円で借りられるようなウェディングドレスが、たった数時間レンタルするだけで数十万円もかかったり、いつもは一日1~2万円で写真を撮っているカメラマンが、なぜか結婚式だと数十万円のギャラになったりします。

たいして美味しくない見た目だけ豪華なウェディングケーキをはじめとするお料理が、一人あたり数万円もするような“ぼったくり”が平気でまかり通っている世界なんです。

でも結婚式というのは“一生に一度の豪華なイベント” “親戚・友人・職場のみんなにお披露目する大切な場”というイメージが強いです。

そういう先入観によって「結婚式を節約するなんてとんでもない!」「ケチケチしたら恥ずかしい!」…というように、節約することを躊躇してしまうんですよね。

でも本当にそうでしょうか?

結婚式というのは夫婦になった二人に対して、幸せな未来を築いてもらうことを願い祝福するためのイベントなんです。

これから子供が生まれたりマイホームを買ったりと、なにかとお金がかかる新郎新婦に対して、200万円も300万円も“経済的なダメージ”を喰らわせるなんて、本当はとんでもない間違いなんですよね…。

なので「来賓してくれたゲストに自分たちの幸せを見せつけたい!」「借金してでも豪華な式にしたい!」という見栄っ張りなひと以外は、遠慮なく節約してしまえばいいと思いますよ。

地味だが必ずやろう!クレジットカード支払い

実際に結婚式の節約ってどんな方法があるんですか?

挙式の質をグレードダウンさせずに結婚式にかかる費用を節約する方法としては、“クレジットカードのポイント還元を受ける”という方法があります。

すべての費用合計を仮に500万円だとすると、還元率2%のクレジットカードなら10万円分、還元率1%でも5万円分のポイントやマイルを手に入れることができます。

金額的には地味ですけど、支払い方法を変えるだけで5~10万円もお得になるわけですから、必ずやっておきたいですよね。

でもクレジットカードって利用限度額が決まっていますよね?

通常は30万円とか50万円までしか使えないように“利用限度額”が設定されています。これは利用者の支払い能力に応じてクレジットカード会社が決めているものです。

しかし実はこの利用限度額は一時的に増額することができるんです。

事前にクレジットカード会社に連絡し審査に通す必要はありますが、それほど難しい手続きではありません。

ただし、クレジットカードを発行時から勤務先が変わっている人、収入が下がってしまっている人、他社の支払いも含めて遅延などが発生してしまっている人などは審査に通らない可能性が高いので注意しましょう。

実は格安で済む海外挙式

ハワイなどでの海外挙式に憧れているんですが…高いですよね?

いえ、実は海外挙式ってとっても格安なんですよ。

もちろん結婚式を挙げる場所や列席者の人数によって違ってきますが、海外挙式の相場はだいたい150万円前後が平均値なんです。(※挙式、パーティ、渡航費、滞在費込み)

ハワイなどの人気エリアでは多少高くなりますが、グアムやアジアンリゾートなどでは相場よりも安くなります。

新婚旅行を兼ねる形にすれば、全体でなんと150~300万円もの節約につながるんですよね。

海外ウェディングで、さらに数百万円も費用を節約できるなんて素敵ですね!

そうですね。ただし海外挙式は列席者の渡航費をどうするか?で費用は大きく変わってきます。

とうぜん列席者の渡航費を新郎新婦が負担する場合には費用はふくらんでいくでしょう。

逆に参列者が自己負担する場合には、相手にかなりの金銭的を強いることになるので、迷惑にならないよう注意したいですよね。

ちなみに、参列者の渡航費を新郎新婦が負担したか?というアンケートでは、50%くらいの結果になっています。

おすすめとしては、海外挙式では親族やごく親しい友人だけにして列席者の人数を最小限にして、渡航費は新郎新婦が負担するか、ご祝儀をいただかない代わりに列席者に渡航費を負担してもらうパターン。

招待できなかった友人などは、帰国してからパーティーを開くなどで対応しましょう。

家族婚の料金相場は30万~50万円

身内だけの家族婚なら節約できるでしょうか?

はい。家族婚の料金相場は大体30~50万円となります。なかには10万円を切るものもありますね。

家族婚や海外国内にかかわらず、結婚式の費用を大きく左右するのは“列席者の人数”です。

列席者が少なければ用意するお料理や引き出物なども少なくて済みますし、会場も小さくていいので会場費用そのものや装花の費用なども節約できます。

特にお料理は挙式の費用の大半を占めるので、家族婚のような少人数の挙式では費用を大きく節約することができるのです。

家族婚だけではなく、自らは会場をもたずに列席者数にあわせて会場を借りる“スマート婚”を企画しているウェディング会社も、最近では人気がありますね。

写真だけの結婚式なら10万円前後で収まる

もっとも費用を節約できる結婚式って何ですか?

もっとも費用がかからないスタイルとしては“写真だけの結婚式”というものがあります。フォトウェディングとも言いますね。

写真だけの結婚式では、結婚式場を借りての挙式や披露宴はおこないません。もちろん参列者もいません。

お金はかけたくないけど、ドレスを着て写真を撮って、記念として残したいという方むけのスタイルですね。

写真だけの結婚式の費用相場は、だいたい10万円前後。スタジオで写真撮影するのか?ロケーション撮影をするのか?などによって費用が変わってきます。

挙式費用を節約できる時期・日柄とは?

季節によっても結婚式の費用は変わりますか?

結婚式で人気の時期といえば、「ジューンブライド」としても人気の5月ですよね。料金も当然高くなりますし、会場をおさえるのも大変です。

5月のほかにも、6月・10月・11月などの天気や気温が安定している時期は人気が高く、料金も高めになります。

逆に7月~8月や12月~2月などの時期は寒かったり暑かったりするので、料金は相場よりも低めです。

挙式のお日柄も関係ありますよね?

やはりもっとも人気なのは「大安」ですよね。大安は婚礼の吉凶としては“大吉”なので、料金も高くなる場合が多いです。

次に人気なのは「友引」、逆にもっとも人気がなく料金が安いのは「仏滅」です。

■六曜における婚礼の吉凶
大安 > 友引 > 先勝 > 先負 > 赤口 > 仏滅

左へ行けば行くほど吉凶が良く、当然人気で料金も高くなる可能性が高いといえます。

もし「お日柄なんて気にしない!」という方であれば“仏滅特典”などのお日柄割引を利用するのも手です。

文字通りあまり良くないお日柄を選べば挙式費用を割引してくれるというサービスですね。

これをうまく使えば50万円以上の値引きにつながることもあります。

結婚式費用の節約のコツはこだわるポイントを絞る

最後に、結婚式費用を上手に節約するコツを教えてください。

「こだわるポイント、お金をかけるポイントを絞る」ということでしょうね。

結婚式はこだわりだすとキリがないんです。

衣装直しの回数を増やしたい、列席者を増やしたい、もっと素敵な演出にしたい、メイン料理の点数を増やしたい、会場装花を豪華にしたい…などなど、

こだわればこだわるほど、かける予算は爆発的にふくれあがっていきます。

ウェディングプランナーさんも新郎新婦の心をうまくくすぐって、なるべく豪華で派手な(そして料金が高い)結婚式にしようとします。

だから、お料理は豪華にするけど参列者は少なくする、お色直しのカラードレスはこだわりたいけどお花の飾りつけはシンプルにする、お花にはこだわるけど他のアイテムはDIYとして自分たちで手作りする…などなど、

どこにこだわって、どこにこだわらないのか?という“メリハリ”をつけることが大切なんですよね。

■インタビュイーの紹介
Sancho(さんちょ)
1976年、東京生まれ。貯金0円、借金数百万円、ブラックリスト常連…という底辺生活から、4年で1500万円の資産を築いたマネーハックブロガー。代表作に、自身が勉強し実践してきた貯金&節約術を綴ったブログ「60歳までに貯金3000万円」などがある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

人気記事

合気道暦12年の男性に聞いた初心者向けアドバイス

12年以上に渡って合気道を続けてきている男性に合気道の魅力、これから合気道を始めようと思っている方は何を準備すれば良いの...

ツイッター中毒だったのに辞めた理由を聞きました

今、話題のSNSツイッター。お風呂以外はずっとツイッターをやっているほどのツイッター中毒だったのに辞めることができたとい...

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウム...

手芸大好きな主婦に手作り市出店のやり方をインタビュー

ストレス発散は人によって違うもの。友達と話したり旅行したり。その中に手芸をするとストレス発散になるという人もいるはず。だ...

楽器初心者で社会人バンドを組んだ女性にインタビュー

バンドを組んで楽器を演奏してみたい、ライブをやってみたい─そんな憧れを持ったことのある人は少なくないはず。初心者でも、若...

趣味カテゴリ 最新記事

ID648

オウムを30年飼っていた女性にインタビュー

人の話し方を真似るオウムについて、オウムの特性、驚くような賢さの他に、オウムを飼うための基本的な知識や注意点等を、オウ…
m25

手芸大好きな主婦に手作り市出店のやり方をインタビュー

ストレス発散は人によって違うもの。友達と話したり旅行したり。その中に手芸をするとストレス発散になるという人もいるはず。…
802

ツイッター中毒だったのに辞めた理由を聞きました

今、話題のSNSツイッター。お風呂以外はずっとツイッターをやっているほどのツイッター中毒だったのに辞めることができたという…
band

楽器初心者で社会人バンドを組んだ女性にインタビュー

バンドを組んで楽器を演奏してみたい、ライブをやってみたい─そんな憧れを持ったことのある人は少なくないはず。初心者でも、若…
合気道

合気道暦12年の男性に聞いた初心者向けアドバイス

12年以上に渡って合気道を続けてきている男性に合気道の魅力、これから合気道を始めようと思っている方は何を準備すれば良いの…