HOME > インタビュー > 三重県鈴鹿市の税理士事務所スタッフへインタビュー

インタビュー

Tags:

菅原経営株式会社 堀江芳紀

LINEで送る
Pocket

三重県鈴鹿市の税理士事務所スタッフへインタビュー

専門知識と正確性が求められます

税理士事務所スタッフの堀江芳紀さん

―――今のお仕事に就いたきっかけと、主な仕事の内容について教えて下さい。

前は福岡にいたのですが結婚を機に名古屋に引っ越してきて、仕事を探すという時に、興味のある仕事に就きたいと思いました。

税理士のお仕事はよくわかっていない部分は多かったのですが興味がある分野でしたので、ハローワークで税理士事務所を探して働くようになりました。

最初に働いていた税理士事務所の代表が独立したので、今はその代表の税理士事務所で働いています。

仕事の内容は、法人や個人事業のお客様の決算や会計の帳簿のチェックや指導、あと今は相続関係のお仕事もさせてもらっています。

数字を扱いますので正確性を求められるお仕事になります。チェックをして漏れが無いように気をつける事と、期限が必ずありますので期限を守れるように日々スケジュールチェックなどをして気をつけています。

やはりスケジュールと数字のチェックは、誰が担当したものでも必ずミスがありますので、紙に印刷をして2、3人で複数回チェックしています。

あと、誰が作業しても同じレベルで仕上げられるようにチェックリストを作成するなど、作業を標準化して新しい人が入ってきても対応できるようなしくみを作っています。

休みの日は、結婚していますので家族との時間として買い物に行ったり、税理士試験の勉強をしたりしていますので、6時間~7時間は勉強しています。

お仕事は貴重な経験ばかり

―――仕事をする中で楽しかった事や嬉しかった事はありますか。

大変でもあったのですが、代表が独立する時の立ち上げ作業をかなり任せてもらえましたので、その時はみんなで話し合いながら進めていったのが楽しかったです。

あと税理士事務所が引越しをしまして、最近もみんなでワイワイ家具を選んだりしているのも楽しいと思います。

嬉しかった事は、税理士業務をするにあたって色々な経営者の方と会えて、そういった方とお話ができるのが嬉しいです。

自分が経営者という立場で無い限り多くの経営者の方と話せる事は無いと思いますし、経営者の方が色々な相談をしてくれるのが、同じような立場で話ができているかなと思い、嬉しいと感じます。

―――大変だった事や辛かった事はありますか。

法の改正があったらそれについて調べるなど、調べる事が多いので基本的に大変なのですが、確定申告の時期などは通常業務にプラスしてお客様の確定申告作業も入ってくるので大変です。

やはり数が多いというのがありますね。その時だけ増員することもありませんし、今いる人員で対応していきますので、土日に出勤したり朝早く来たり夜作業する事も普通にあります。

なので、スケジュールを上手く組んでどれだけスムーズに作業を終わらせるかを考えています。やはり量が多くなりますので大変だと思います。

大変だとか疲れたと思う事はあるのですが、自分自身がこの仕事にやりがいを感じていますので、辛いと感じることは無いですね。

私生活や考え方の改善ができました

―――この仕事をしていて良かったと感じることはありますか。

税理士試験の勉強もしていますので、仕事以外の時間について考えるようになったのは良かったと思います。

例えばスケジュール帳に予定を書いて、無駄な時間は無いか?など考えるようになったので、ボーっとする時間やテレビをダラダラ見る時間などは無くなりました。

寝る時間も、今までは12時ぐらいに寝れば良いと思っていたのですが、今は4時起きをして朝勉強をしていますので、仕事以外の生活サイクルも変える事ができました。充実した日々が送れていると思います。

これから就職活動や資格試験を始める方は、まず将来自分がなりたい形を思い描いて、それを実現するには何が必要なのを考えて資格などに挑むと良いと思います。

私は税理士事務所で働き始めて代表が独立した事で、税理士の資格が必要だと感じて勉強を始めたので逆になってしまいました。

でも、これから先の自分のなりたいビジョンを思い描くと、今やっている仕事にやりがいを感じる事ができます。

以上のことから、何かを始める時は、自分の夢と目標を考えてみるのが重要だと思います。

堀江さんがお仕事をしている菅原経営株式会社の公式サイトはこちら
http://licst-keiei.com/

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧