HOME > インタビュー > カラーコンサルタントのお仕事について近藤美保さんへインタビュー

インタビュー

Tags:

M.TrueColors 近藤美保

LINEで送る
Pocket

M.TrueColorsの近藤美保さんへインタビュー

自分に似合う色探しから勉強を深めて

カラーコンサルタントの近藤美保さん

──自己紹介をお願いします。

近藤美保(こんどう みほ)と申します。カラーコーディネーターとファスティングアドバイザーという2つの仕事をやっております。どちらも、人が美しく、快適に過ごせるお手伝いをする仕事です。

カラーコーディネートの仕事を始めるきっかけは、自分がどういう色が似合うのかということにすごく興味があったので、15年ほど前に自分の似合う色を知りたくて、パーソナルカラーを習いました。

それだけでは満足できず、もうちょっと詳しく勉強したいと思いまして、色彩学を学び、色彩検定1級まで取って今に至っています。

もう1つのファスティングアドバイザーの仕事なんですが、8年ぐらい前に家族が体調を壊しまして、食生活を見直さなければならなくなりました。

家族の体の不調がきっかけでしたが、ファスティングに取り組み、その後、食生活の改善をしましたら、4人家族で40キロもの減量に成功し、体調も良くなりました。

カラーで外側から美しくなるということを提案していますが、食改善によって内側から美しくなるということもお伝えしていきたいなと思って、この2つの仕事を同時進行という形でやらせていただいています。

──カラーは1対1でやることが多いと思うんですけど、時間はどれぐらいかけるのですか。

カラーコーディネートのパーソナルコーディネートというのをやる場合は、1人2時間ぐらいかけます。

まず見ているのは、その方の好きな色から分かる基本的な特質です。それが分かると、自分自身がすごく癒されたりしますので、カラーセラピー的な部分が1つあります。

あとは似合う色、気質を分析して、その方に適した職業とか着こなしファッションのイメージというようなアドバイスをするのが、パーソナルコーディネートということで、2時間ぐらいかかります。

あとはカラーのセミナーをやっておりまして、1時間のセミナーとか2時間半かかるセミナーとかがあります。今、仕事はパーソナルのコーディネートとセミナーとかの仕事だと、ちょっとセミナーの仕事の方が多い感じになっています。

ファスティングの仕事もセミナーを中心にやっております。1時間とか、研修という形だと2時間半ですね。

──仕事の忙しい時期や時間帯はありますか。

時期的なものは1年中そんなに変わらないです。時間帯は、できればカラーについては真夜中とかに見るというものではないので、昼間は多いですね。

光がすごく大事になってきますので、日中の明るいうちや、夜でもそんなに遅い時間ではないです。夜とかに例えば室内で見る場合も白熱灯の下とかそういうところではちょっと見づらいんです。

自然光じゃなく蛍光灯とかでもいいんですが、光の種類が、カラーを見やすい種類でないと難しいということはあります。

お休みは、実は決めていないんです。平日とかにちょっと時間が空いていたりとかはあるので、買い物に行ったり銀行に行ったりとか、そういうのは便利です。

けど、クライアントがお勤めされている方とかだと土日の方が都合が良い方が多いので、結果的に私は決まった曜日の休みはないです。

全て仕事に関することをするのが休みですね。美術展とかで美術館賞をしたり、ショッピングも自分の服以外にも市場調査をしたりします。

人に提案できるまでには2年、相手が取り入れやすい提案を

──仕事をする上で必要な技術はありますか。

カラーコーディネートの仕事は色彩検定を取る方が良いので、勉強して試験に通るのに1年ぐらいはかかります。

経験を積むということも必要ですので、一概に何年というふうに言えないけど、そんなに早くなれるものではないですね。

人に提案ができるようになるまでには、2年ぐらいかかったと思います。やりながら自分の技術を磨いていくという形になると思います。

カラーの仕事は、科学的な部分もありますし、様々な知識が要求されます。かなり奥が深くて、やることも多岐にわたっています。

だからカラーと名の付くお仕事をされているとしたら、色彩学について専門的に勉強することが必要になってくると思います。

食に関しての仕事は、人の体には個人差がありますので、実際の体験的なものもかなり必要になってきます。

どちらの仕事も、基礎的な知識のうえに経験が必要になってくると思います。

──この仕事に参考になる書籍やホームページはありますか。

これは本当に色彩検定の検定本、1級2級3級がかなり参考になりますので、多分検定を受けない方も、これはすごくいい本なのでおすすめです。

例えば色彩検定3級の内容は、本当に基礎的な事なんですが実際役に立つ内容だと思いますし、2級1級の内容は何か色彩に関するお仕事をされている方がちょっと参考にされるのに、すごく良いと思います。

──仕事をする上での心構えや、気を付けていることはありますか。

何かをどなたかにアドバイスする場合、その方がどのように受け取ってどのように取り入れるかが大事になってくるので、その方に応じてのアドバイスが必要です。

その方の理解力とか、取り入れられるか環境かどうかということについての考慮が必要になってくると思います。

いきなり100%、こうやった方がいいですよと言うのではなく、取り入れやすい提案をしてきっかけを作って差し上げるというのは、すごく大事かなと思います。

相手の方が取り入れやすい提案をするのが一番です。クライアントは、どういう経験をお持ちで、どういう知識を持っているのか、どういう状況なのか、すごく変わっていこうとしている時なのか。

どちらにしてもアドバイスしていくのが仕事になりますので、自分が話したことよりも、相手に伝わったことというのが大事です。

──仕事で困ったトラブルとかありましたか。

特にクレームが来るとかそういうことはありませんでしたね。最初にお伝えはしているんですけど、その方が取り入れる際に異なった取り入れ方をしていたり勘違いをしていたりした事があとから分かるということはあります。

望む自分になるためのお手伝い

──働いている中で良かったことは?

個人の方を綺麗に、元気に、健康にするのが仕事なので、結果が見えてすごく充実しやっていて良かったと思います。

──この仕事に向いている方や向いてない方はどんな方でしょうか。

向いていないのは、主観が強すぎる方です。人にアドバイスする仕事になりますので、主観が強すぎると良いアドバイスが難しくなります。

向いている方は、綺麗なものが好きで人に喜んでいただくのが好きな方です。

──お客様に言われて嬉しかった言葉は?

カラーの仕事では、今まで似合う色が分からなくてすごく困っていたので助かったとか、好きな色からその方の気質とか得意分野が分かるんですけど、すごく自信が付いたとかそういう言葉が嬉しいです。

ファスティングの仕事は、短期間で劇的に変わるので、健康になってスリムになって人生が変わったという反響があるとすごく嬉しいです。

誰でも変われる、望む自分になれる、ということを後押しできる仕事なので、大変誇りに思っています。

──このインタビューを見ている方にメッセージをお願いします。

自分の人生をデザインすることは誰でもできることですし、将来の自分の姿は、自分が望んでいる姿に必ずなります。

自分の夢を明確にするということが、人生を違ったものにすると思います。その夢から生きたほうが、人生は楽しくなると思います。

自分の夢に近づける仕事を見つけてください。なければ作ってみるのも良いと思います。

M.True Colorsの公式ホームページはこちら
http://mcolor.info/

True Colorsのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/mk.colors

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧