HOME > 経営者 > ローフードマイスターの島津浩巳様へインタビュー

経営者

Tags:

ローフードマイスター 島津浩巳

LINEで送る
Pocket

ローフードマイスターについH&Yローフードプラスの島津さんへインタビュー

金融機関や一般企業を経て独立、ローフードスクールを開校しました

ローフードマイスターの島津浩巳さん

──自己紹介をお願いします。

島津浩巳(しまず ひろみ)です。1965年生まれの49歳、千葉県出身で、社会人になってから金融機関で15年ぐらい働いて、その後は一般会社で人事のマネージャーを15年ぐらいやったりして、その後に独立しました。

仕事は、ローフードスクールで、酵素栄養学を基にしたダイエットや食生活改善の仕方、スムージーの教室、手作り酵素シロップの教室、料理教室、ある協会のローフードマイスター資格取得講座の授業をやっております。

主な仕事は講師と、独立して学校として開校していますので、校長という形です。

きっかけは、自分が自律神経失調症とかになって、最終的に体重がすごく増えてしまったので、ダイエットを目的にして始めたんです。

ダイエットは食生活を改善するだけで簡単にできて、体調もすごく良くなって、肩こりや腰痛もすっかりなくなったんです。

それでまわりの方たち何人かに薦めたところ、みんながダイエットできて健康になって感謝をされたので、これはもう学校として始めようと思い、始めました。

やる気があれば誰でもできます

──仕事をする上で必要な技術や心構え、気を付けていることは何かありますか。

健康になりたいとか、人を健康にしてあげたいという思いがあれば誰でもできます。

いつもみんなが楽しく学べるように、その雰囲気づくりと、誰でも簡単に食生活を改善して、ダイエットもできて健康になれるということが伝わるようにしています。

先生はやる気さえあれば3ヶ月位で誰でもできます。一般の栄養学ではなく、酵素栄養学というものが中心になっているので、特に知識がない方でも勉強すれば十分教えることができます。

今までは特にトラブルはないですね。取り入れて悪くなったとかもないです。

──仕事が忙しい時期や時間帯ってありますか。

春から秋ぐらいまでが忙しくて、冬場は寒くなってきて生の野菜とかを食べたくなくなるので、暖かい季節の方が問い合わせも需要も多くなりますね。

教室は午後から夜が多いですね。昼間は主婦の方で、夜はOLやサラリーマンといった方が多いですね。2割ぐらい男性の方が来ています。

普段の教室は2時間ですね。一番長い資格の講座だと、3日~4日間で35時間ぐらい、1日10時間ぐらいやります。

休みは特に決まっていないです。イベント的には土日に入ることが多いので、傾向としては月曜日休みが多いです。

休みの日は、サウナに行ったり本を読んだり散歩したりしています。休みの日は1人で過ごす時間の方が長いです。

1杯のジュースで翌日に効果が出る人も

──働いている中で良かったことは?

簡単にみなさん結果が出て喜ばれるので、やっぱり教えるべきだなと思います。

1杯のジュースから変わりますので、早い人はその翌日には何らかの良い変化があります。1杯飲んだだけで便秘が改善したとか、かなり多く聞かれます。

──逆にイマイチと思うことは何かありますか。

結構結果が出る前に辞めちゃう、続けられないという方がいることです。女性に多いですね。忙しいとか言い訳を付けて途中で辞めてしまうんです。もったいないですね。

ほぼ1ヶ月間、言ったことをきちんとやってくれれば多くの答えが出るので、きちんとやってくれれば3週間で結果が出ます。多分結果が出ない人はやっていない人です。

「キラーフード」と「フィットフォーライフ」の内容が今の教室の基本に

──この仕事に関して参考になる書籍とかホームページはありますか。

もともと酵素栄養学の本がアメリカの本を訳しています。「キラーフード」という本と「フィットフォーライフ」という、世界で1200万部売れているベストセラ―があります。この中身が今やっている教室の基本になっています。

ホームページは、自分の学校のホームページとか、うちの属している協会のホームページとかですね。

──この仕事に向いている人や向いていない人はどんな人ですか。

向いているのは美意識とか健康に関心があって、人の病気を治してあげたいとか、そういう気持ちがある人です。

向いていない人は、野菜と果物を食べるのが嫌いな人です。

アレルギーとかでどうしても食べられない人は仕方がないです。嫌いで食べられない人は食べられるようになるので、病気的に何かあるという人は、向いていないというかできないですね。

普通の人なら向いていない人はいないです。自分が健康になれればそれを伝えたくなるので、誰でも大丈夫です。

みんなの健康と長生きのために一役かっているという誇り

──お客様に言われて嬉しかった言葉はありますか。

こんなに簡単にダイエットできたとか、こんなに簡単に肌が綺麗になったとか、セルライトが溶けたとか、健康になれたとかですね。すごいですよ。びっくりするぐらい簡単なので。

──今の仕事で誇りに思うことは?

多分これから食生活が乱れてストレスとかで病気になる方が多いので、1人でも多くの方が健康的に長生きできる1つの役を担っているという気持ちがあるので、これは続けていかなければいけないな、と思います。

──このインタビューを見ている方にメッセージをお願いします。

とにかく自分で体験してほしいです。酵素を使った栄養学で、本人が食生活の改善を是非体験してもらって、体験して結果が出た方は、それを多くの人に伝えていって欲しいです。

それをもし仕事にできるということがあれば、それもできますので、まずは体験してもらいたいですね。

H&Y ローフードプラスの公式サイトはこちら
http://shimazukun.com/

島津さんのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/hiromi.shimazukun

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

経営者新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧