HOME > お役立ち情報 > ダイエット成功!ビジネス面で与える影響は?

お役立ち情報

Tags:

 

LINEで送る
Pocket

ダイエットは仕事面で大きくプラスになりました!

10数キロの減量に成功

ダイエットに成功した男性

――ダイエットをする前とした後の体重は?

ダイエットする前は、パソコンの前に座りっぱなしの仕事のため体を全然動かさなくて、その割には食べるものはしっかり食べていたんです。

もともと面倒くさがり屋というのもあってラーメンとかを食べるということもすごく多くて、ぶくぶく太っていました。

だからダイエットする前は80キロぐらいはありました。ウエストは90以上とかで、かなりのメタボ腹でした。

ダイエットしてからは64~67キロぐらいで、平均でみると65~66キロという感じです。十何キロぐらい体重を落とした形になります。

1つのことを成し遂げた自信

――ダイエットしたことで仕事面で変わったことはありますか。

仕事にすごく影響を与えると思います。

もともと自分が太っていた時を知っていた人は、痩せてからはすごい神様扱いというか、すごくほめてくれるようになりました。

単純にそれが嬉しいというのもありますし、痩せることによって自分に自信が持てるようになりました。1つ成し遂げたというのは結構な自信になっています。

スーツなどを着ても、以前はいかにお腹を隠すかという、どちらかというと着たい服ではなく着られる服を探すという形だったんですけど、今は何を着ようかというのを選べるようになりました。

あとすごく違うのが、痩せる前の方が実は結構高い服を着ていたんですが、誰からでもいい服を着ていますねなんて言われたことがなかったんです。

それが、痩せている途中の時期に色々な服を買ったんですが、高い服を買ってもまだ痩せるかも知れないし体重が戻るかも知れないしということで、ユニクロとかで買って、スーツとかもすごく安いのを買ったんです。

でも安いスーツでもスリムなスーツを着ると、すごくいいスーツを着ていますねと言われたりするんです。

服が似合うかどうかで値段も高く見えるんだなというのが分かりました。前の方が高いスーツを着ていたのに、今の方がいいスーツを着ていますねと言われたりします。

ダイエットジムは高額だが適正な指導が受けられる

――具体的にどんなダイエットをしましたか。

主に筋トレと食事制限です。ダイエットジムに通ってそこで指導してもらって、金額は高かったのですが、今考えるとすごく適正だったと思います。

数十万したんですけど、あれが2万円とか3万円とかだったら、やっぱりすぐリバウンドしていたんじゃないかなと思います。

あれだけお金を払ったからこそ頑張れたというのはすごく感じます。あとは適切な指導を受けたというのも大きかったと思います。

今、3年半ぐらい経つと思うんですけど、リバウンドはしていないです。

ダイエットの時に一番研ぎ澄ました時は62キロぐらいで、その時は細すぎたと思うぐらいだったので、その時に比べたら2,3キロは太っています。

でもウエストなどはたくさん食べ過ぎたり飲み会の次の日とかは多少出たりもしますけど、大体平均して76~78㎝の間ぐらいなので、リバウンドは特にしていないと思います。

筋トレとか食事制限とか、どういうことをすれば痩せるのかというのが自分自身が分かったので、すごく調整ができるようになりました。だからリバウンドは全然していないです。

――日常的に気を付けていることは?

体重計に乗ることですね。それは本当に重要なことだと思います。数字で見ることによって何をしたら太るのか、何をしたら痩せるのか分かってきます。

レコーディングダイエットというらしいですけど、自分の中の数値みたいなものが分かってくるんです。

自分の場合は、家でカレーを食べるとおかわりしちゃったりするので太ったりするなとか、夜のラーメンは太るなとか分かったりするし、この体重までいったら食事を抑えようとか意志が働くので、日常的にそういうことに気を付けています。

あとは筋肉トレーニングは気を付けていますね。週に1回ぐらい、軽くですけど筋トレはしたりしています。それだけでもだいぶ違うと思います。

ダイエットと飲み会―ビールは最初の1杯、あとはハイボールなど蒸留酒系を

――夜の付き合いが多い場合、どうやって痩せればいいですか。

ビジネスマンの方とかは結構そういう悩みが多いですよね。自分自身も経営とかをしているので、夜の付き合いはすごく多いです。

特に12月1月は忘年会・新年会がたくさん入って、10日続けてずっと飲み会が入っているとかいうことも普通にあるんですけど、意外と太らないです。

何に気を付けるかというと、飲み物にすごく気を付けています。

蒸留酒系は太らなくて、ビール、ワイン、日本酒などはすごく太るので、ビールばかりがぶがぶ飲んでいたのを焼酎とかウイスキーに変更するだけで変わります。

健康面で見てもビールは痛風とかになる可能性が高くなるので、最初の1杯だけにします。

最初の1杯はとりあえず生でという空気が出来上がっていたりするので、最初の1杯だけはお付き合いでビールを飲むんですけど、その後は大体焼酎かハイボールが多いです。

ウイスキーとかはちょっと高いこともありますが、ハイボールならビールより安いぐらいです。

先方が出してくれるような時にも、山崎とかのウイスキーをがばがば飲んだりすると申し訳ないですが、ハイボールや焼酎なら安く済むのでそれが多いです。

友人と飲むだけだったら、最初から焼酎などにすることもあります。ビールから焼酎やウイスキーに替えるだけで、全然変わるんじゃないかという気がします。

あとは〆のお茶漬けをさりげなく断ってみたり、炭水化物を取るのを意識的に減らしたりする感じですね。

その辺になると最後なので、もうお腹いっぱいで食べられませんとか言い訳がきくので、そんなに嫌がられたりしないです。

お金をかけても適正なトレーニングを受けることがダイエット成功の秘訣

――これからダイエットをお考えの方へアドバイスをお願いします。

集中して一気にやり切るというのが重要だと思います。

自分の意志だけで続けるのってすごく難しいので、お金をかけてでも適切なトレーニングをマンツーマンでやってもらうのが、一番費用対効果が高い気がします。

今回一番大きかったというのは、自分が痛みを知るぐらいの額のお金を払ったことです。数千円や数万円だったら途中でやめていると思うんです。

実際僕は料理教室にも通ったことがあるんですけど、面倒臭いしそんなにお金も使っていないし、もういいやと思ってすぐにやめてしまったことがあるんです。

でも、もしそれが十倍の値段だったら絶対通っていたと思います。

もちろん何でもかんでもお金を使えという訳ではないですが、マンツーマンにすると自然にお金がかかります。

要は自分から継続しなきゃいけない環境ではなく、次の予約も取ってしまったりして、継続させられる環境に自分を入れちゃうことですよね。

マンツーマンでもう1個大きいと思うのは、筋トレの部分です。

筋トレって自分一人でやると、ちょっとしんどくなってきたところでやめちゃったりするんです。

それが、例えば1人だったら20回でやめていたのが、マンツーマンだと25回とか30回とかまで続けられたりするんです。

筋トレの効果自体がマンツーマンになるだけで変わります。フォームも見てもらって正しいフォームでやることで効果が変わるんです。

スクワットとか特にすごく差が出ます。ダイエットでスクワットは効果的な運動の1つなので、お金をかけてもいいからマンツーマンのトレーニングでやる方がいいです。

痩せた後って本当に人生が変わります。ビジネス面で与える影響もすごく大きいと思うので、ぜひとも頑張ってほしいと思います。

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

お役立ち情報新着

インタビュー最新記事

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧