HOME > インタビュー > 東京都銀座のバーチャルオフィスで働く人にインタビュー

インタビュー

Tags:

ワンストップビジネスセンター 安田知世

LINEで送る
Pocket

東京都銀座のバーチャルオフィスで働く人にインタビュー

起業家のお手伝いをするのがお仕事です

東京都銀座のバーチャルオフィスで働く安田知世さん

―――今のお仕事に就いたきっかけと、主なお仕事内容を教えて下さい。

元々他社のバーチャルオフィスを10年前ぐらいから使っていました。

マンションも使わせて貰ったのですが、コストパフォーマンスや運営の面で納得できないと言いますか、満足できない部分が多々ありまして、それならば自分で立ち上げた方が良いと思い始めました。

お客様は実業家やフリーランスの方が多く、その方たちが独立をしていく上で必要な住所を貸し出したり、住所を貸し出しますと郵便が来るようになりますので、その郵便転送をしたりします。

住所があれば電話番号も必要になりますので電話番号を貸し出したり、コールセンターでそのお客様宛の電話に対応したり、秘書代行の様な業務がメインになります。

あとは打ち合わせや商談ができる様に会議室を設けていますので、会議室専用の予約サイトで好きな所を予約して、1時間当たりいくらという形で使用して貰っています。

お客様の声に耳を傾け迅速に対応します

―――お仕事をする上で必要な技術や心構えはありますか。

ほとんどのお客様はホームページを見てお問い合わせ頂きますので、基本的なホームページが理解できる知識、例えば普段からネットショッピングをしているなどの基本的な知識は必要だと思います。

運営の部分は接客業の様なサービス業になりますので、お客様の思いやニーズを汲み取って新しい業務を改善するなど、普通の小売店やサービス業の様な対応方法は最低限必要になると思います。

社内に関しては、役割分担をしっかりして、上手くチームの力を活かすような、お互いにフォローし合うという心掛けが大切だと思います。

お客様に対しては、クレームや質問やご要望を頂いた分に関しては、取り入れられるものは出来るだけ直ぐに取り入れていく事と、失敗しても良いのでなるべく早く対応する事が大切だと思います。

早いとやはり驚いて貰えますし、私たちは技術に優れている様なサービスではありませんしお客様は対応を見ていらっしゃると感じますので、早い方が良いと思います。

またお安く提供するためにも、業務を効率的に行わないとコストが掛かってしまいますので、そういった面でもスピードは大切にしています。

強みの伝え方に悩んだバーチャルオフィス、3年で軌道に

立ち上げ時期は大変でした

―――仕事の中で嬉しかった思い出、辛かった思い出を教えて下さい。

お客様がいっぱい来て喜んで頂けるのが嬉しいですね。あと、お客様からお褒め頂いた時も嬉しいです。

そこまで辛いと思う事は無いですが、立ち上げ時期というのは「上手くいくかな?」という先の見えない不安と恐怖というのはありましたね。

軌道に乗ってしまえば安定しますので、一番大変だったといえば最初のどうやって立ち上げるかの時になると思います。

自分達は実際にやっていた経験がありませんので、競合を見てどうやってこのホームページに勝つかや、競合と比較された時にどの様に勝つ要素を入れるかなどですかね。

やはり、自分達の強みを何処に持ってくるかを考えて、それを伝えていくのは大変ですよね。

あとは、最初は実績が無いので信用もありませんから、その中で最初の頃のお客様にいかに信用して貰うかは、それなりに苦労しました。

2010年8月にスタートしまして、2010年の年末には手ごたえを感じて、2011年からは軌道に乗ったという感じでしたね。

ただ最初は全て自分でやっていて、キャパシティに限界はありますので、そこからどの部分を効率化して、どういう風に大きくしていくかなどは考えていましたね。

―――お休みの日は何をされていますか。

家に居るのがあまり好きでは無いので、釣りに行ったり、冬でしたら雪山にも行きますし、各地方都市に遊びに行ったりもしますので、出かけている事が多いですね。

コストが低く自由に動けるバーチャルオフィスを起業家の方に使ってほしい

―――この仕事をしていて良かったと思う瞬間を教えて下さい。

起業を独立するのは非常に良い事だと思っていて、勤めている時とはリスクが違うのですが、やはり自分で食べられる力を付けていく方が僕は良いと思っています。

なので、起業などを目指している方たちが喜んでサービスを利用してくれたり、私の会社を利用していた会社が大きな立派な会社になっていったり、そういう起業家支援に関わられているのは、非常に社会的意義を感じます。

起業の苦しさは自分でも本当に良く分かっていますので嬉しいですね。

やはりお金が無くなるから躓いてしまうので、そういう部分には貢献できているかなという存在意義は感じていますね。

―――このインタビューを見ている方へメッセージをお願いします。

まだまだバーチャルオフィスというのは認知度が低いと思っています。

最近起業した方が知っているだけで、友人に話をしても知らない人ばかりですし、なんだか怪しいと思われているようです。

ですが、本当に起業を目指す方には非常に安く済む良いサービスだと思いますので、うちのモノとは限らず多くの人に活用して貰いたいと思います。

余計なコストを掛けずに自由な働き方ができますので、そういう方が増えていくことで日本も明るくなると思いますので、その為にもバーチャルオフィスを使って欲しいと思います。

やはり今の日本は明るくなくて、勤めていてもある程度先が知れていると思います。

でもフリーになって起業したりすると、自分の人生を自分でコントロール出来るようなると思いますので、誰のものでもない自分の人生をコントロールしていく、そういう人が増えたら良いと思います。

起業とか怖いという方が多いのですが、一回やってしまえば自転車と一緒で何とか生きていけますので、やってもらえれば良いなと思います。

ワンストップビジネスセンター銀座の公式サイトはこちら
http://www.1sbc.com/branch/ginza/

LINEで送る
Pocket

【スポンサードサーチ】

インタビュー新着

おすすめ情報

【スポンサードサーチ】

新着インタビュー

カテゴリ一覧

タグ一覧